飲み忘れたら大変?!飲み方を理解しよう

薬の画像

低用量ピルの飲み方には、特徴があります。

風邪薬であれば、症状が続いている間ずっと飲み続けるのが一般的ですよね。しかし、ピルの場合は休薬期間があるのです。

初めてピルを飲むという人にとって、飲み方が少し分かりにくいかもしれません。しかし、実際には難しくないので前もって理解しておけば大丈夫。ここでは、低用量ピルの服用方法について紹介します。

低用量ピルの正しい飲み方

ピルを飲み始めるタイミングから説明します。

生理が始まった1日目~5日目の間に、服用をスタート!服用を始めたら、1日1錠を21日間飲み続けましょう。ピルが入っているシートの裏面には、飲み進める順番が書かれている場合も。記載されている通りに服用すればOKです。

低用量ピルは、21錠タイプと28錠タイプがあります。28錠タイプに含まれる7錠は、毎日の飲み忘れを防ぐための偽薬(プラセボ)。プラセボは、飲んでも飲まなくても大丈夫ですが「忘れないように毎日飲み続ける習慣をつけたい」という人は28錠タイプを選ぶと良いでしょう。

また、服用する時間の決まりはありません。しかし決まった時間に飲むようにすれば、飲み忘れの心配がなくなります。

休薬期間について

ピルを21日間飲み続けたら、7日間休薬します。服用を休んでいる間に、生理がくる仕組みです。

7日間休薬を終えて、服用を継続する意思がある場合は29日目からピルを飲み始めます。

服用と休薬の流れ

21日間は1シート分を飲み続ける→7日間お休み→29日目から2シート目を再開
なぜピルを飲まない間に生理がくるのか、不思議に感じる人がいるかもしれません。

ピルには、排卵を抑制する働きがあります。服用中は、子宮内膜の増殖を防ぐので生理がこなくなるのです。ピルの服用を一旦お休みすると、子宮内膜は剥がれ落ちて生理として体内から排出されます。